在宅看護師として子育てしながら働く人が増えている

小さな子供の子育てをしていると長時間働くのが難しいという看護師は多いのではないでしょうか。仮に、病院に託児所があったとしても、子どもを病院の託児所に預けて夜勤に入るというのを嫌がる看護師もいます。
そうなると、ねらい目は外来の勤務、クリニックの勤務になりますがこちらは多くの看護師が狙っており求人が出てもすぐに枠が埋まってしまうという競争率の高さです。。。だからとってパートの看護師で、というのもなかなか求人がないものです。

しかし最近はある傾向が出てきています。それが在宅看護師の増加です。病院で長期間入院をさせず、なるべく自宅で療養させるようにという国の方針もあって、在宅で療養をする患者さんが増えてきています。そしてそれに従って在宅看護師の需要も急激に伸びています。在宅看護師として働くことのメリットとしては、勤務時間が在宅看護の患者さんの訪問数によるため、自分で勤務時間を決めやすいということがあります。

しかし在宅看護師などやったことがないという人も多いと思います。最近は訪問看護ステーションでも研修体制などが整いつつあり、在宅看護が未経験の看護師でも教育によって仕事をこなせる形になっています。短時間だけで済む看護師の職場を探すのであればこのような視点で探すのも良いと思いますよ。

このページの先頭へ