子ども好きな看護師が探す求人について

病院の病棟勤務だとどうしてもお年寄りの患者さんが多くなります。これはどうしようもないことですね。そして当然、看護師が接する患者さんもお年寄りが多くなります。看護師の中には受け持っている患者さんが全てお年寄りだということも珍しくありません。

しかし看護師の中には、小さな子供と接する仕事の方が良いと思う方もいるのではないでしょうか。

そうした場合、病院であれば小児関連の科に移る、あるいはそうした病院やクリニックに移るという方法があります、もうひとつの方法として保育施設を職場に選択するという方法もあります。

保育所というと、保育士の働く職場ではありますが、看護師も必ず必要な職場でもあるのです。最近では、処方された薬の投薬を依頼する親御さんも増えて来ました。大抵の保育所では、善意でそれを受け入れていいるものの、保育所に看護師がいると何かあった時の対応などで保育士も親御さんも安心できるということで評判も高かったりします。

子供の世話をするのが好きという看護師はそうした職場の求人を確認するのもよいでしょう。

良い方法としては転職支援サービスで探して見ることですが、おすすめは『ナースではたらこには』ですね。

子育てしながら働くとなると、働く病院にもそれなりの施設や体制が必要となります。するとやや大きめの病院の方が子育てしながら働く環境が整っているといえます。

大きめの病院となるとやはり都市部に集まります。その代表的な都市が東京や横浜、名古屋、大阪などになるでしょう。都市部では狭いエリアに病院が固まってたりするので、勤務するエリアも自宅から近くなる場合が多く、子供に何かあった時にもすぐに帰宅できるというメリットもあります。

もちろん、バックアップ・サポートが可能な同僚看護師がいることが前提ですので、これまた大きめの病院の方が看護師が多くて有利だとも言えます。

要は、子育てしながら働くことができる環境があればどの病院でも構わないとも言えますが、そうした体制のある病院は大都市が多い、、、そういうことを念頭に置いて、求人を探してみるとよいかもしれませんね。

求人を探すのであれば、看護師の転職支援サービスを利用してコンサルタントと相談しながら調べると良いでしょう。おすすめは、楽天リサーチで顧客満足度No.1の『ナースではたらこ』ですね。

このページの先頭へ